仕事内容のご紹介

施工

各箇所に設置されている配管のラッキング交換工事を行います。給排水管は様々な箇所に張り巡らされていますが、特にラッキング交換工事を必要とする場所が屋上の配管です。屋上は常に風雨にさらされている為、配管ラッキングのサビや腐食も進みやすく交換することが多いのです。ラッキングの腐食だけであれば、交換することで配管は守れますが、長期間メンテナンスを行っていないマンションでは配管にまで雨水が浸透し、サビや痛みが激しくなってしまうこともあります。

施工

ラッキング

給水配管、給湯配管、冷水配管、冷媒管などの配管の保温材を保護する目的で使用されるステンレスや鋼板製の板状の仕上げ用カバーを施す工事です。

施工

ラッキング

大型集合住宅、食品製造工場、大型飲食店などが主な作業場です。
一筋縄ではいかない複雑な構造を、立体的に把握しながら作業を進めていきます。

施工の流れ

ビルやマンション、工場などに設置する空調設備の配管やボイラーなどに保温材・断熱材を設置したり、ラッキングの設置を行い、エネルギーのロスを可能な限り少なくして省エネルギーを実現することが仕事です。

保温工事・保冷工事・耐火耐熱工事・防音工事も手掛けています。断熱の技術で皆様に貢献したいと考えています。

事前準備

事前にゼネコン様やメーカー様からのご依頼内容を確認・把握して施工当日の施工に備えます。同時に熱絶縁工事の工程や、資材搬入状況などを再確認します。安全第一で作業を行い、丁寧で質の高い施工をいたしますので、どうぞご安心ください。

次へ

作業工程

事前に確認しておいたご依頼内容を元に断熱工事・ラッキング工事を進めていきます。機械や配管に沿った形で隙間なくラッキングすることで、その効果や劣化具合が劇的に変わります。当社ではそのラッキングの効果と美観にこだわります。

ラッキング工事は、配管、タンク及び、機械装置に施工した断熱材を保護します。しかし、そのラッキング工事の仕方によって効果は異なります。

ただ金属で覆うだけのラッキングは、どのラッキング業者でも施工可能ですが、当社では、より効果を高めたラッキングにこだわります。元々の機械や配管に沿った形で隙間なくラッキングすることで、その効果や劣化具合が劇的に変わります。

そこには確かな技術とノウハウと経験が必要となり、当社では、保温工事保冷工事によって行った「熱いものを熱いまま」「冷たいものを冷たいまま」に保つという循環効率と省エネ効果をさらに高める本当のラッキング工事を行います。

次へ

最後に

工事が完了したら、自社スタッフにて施工結果を確認し、ご依頼主様に問題なく完了していることを確認していただいて終了となります。熟練の職人技とセンスで、キレイに加工することで工場内外配管及び機械装置の美観を高めることが可能です。『保温・保冷』とは快適な生活や環境を支えるための大切な仕事です。見えないところで、快適な環境を作り、そして、支えるそれが皆川断熱の心意気です。